ポイントを貯めて節約したい

ポイントカードやクレジットカードでポイントを貯めて少しでも節約したいと思っている主婦のブログです

Tポイントがカード不要で登録OKに

Tポイントがカードがなくても、
スマホのアプリをダウンロードすれば、
Tポイント会員の登録ができるようになったようですね。

今までは、Tポイントに限らず、
ポイントカードの代わりにスマホのアプリで
というのはありましたが、
カードなしで最初からスマホのアプリで
ポイント会員登録ができるのばはじめてかも?

確かにポイントカードは、
財布に入れておくと財布が膨らむのでいやだ
という方は多いと思います。

なので、ポイントカードをスマホアプリに代えられるというのは
歓迎する人も多いのではないでしょうか。

私は、スマホにクレカ情報を登録するのは嫌ですけれど
ポイントカード代わりにアプリを使うのは抵抗感がないです。

JREポイント

Suicaビューカードを使って貯まるポイントが
JREポイントへと完全移行されたみたいですね。

私は、地方に住んでいますので、
Suicaを使う機会もほぼないですので、
Suicaポイントも、ビューサンクスポイントも貯めていませんでしたが、
JREポイントへ移行するというニュースは目にしていました。

JR東日本内でサービスによって違うポイント制度だったものが、
JREポイントへ統合されて分かりやすくなったようですし、
ポイントの使い方も簡単になり使いやすくなったようです。

貯まり方も100円毎に1ポイントが貯まり、
使う時は1ポイントから1円として買い物に使えるというようになり
とても分かりやすくなったと思います。

こういう共通ポイントに近い形に改革をしたということは
JREポイントを共通ポイントとして育てていきたいということなのでしょうね。

TポイントやPontaポイントのように
JREポイントも加盟店を増やして、
JR東日本以外にも広げていくのでしょうね。

suicaチャージにポイントが付くクレカ

Suicaを使っている人でポイントを積極的に貯めたいという人は、
Suicaへのクレジットチャージでポイントが付くクレジットカードから
チャージをするのが王道です。

SuicaSuica利用でポイントが付く、
Suicaポイントクラブ」がありますので、
まずは「Suicaポイントクラブ」へ登録するのが1つめにすること。

そして、2つめは、
Suicaチャージでポイントが付くクレカを使う、
ということでSuica利用でポイントを貯めるのがオススメです。

Suicaチャージ自体は、
日本国内で発行されめクレジットカードなら、
ほぼどれでもできます。

しかし、Suicaチャージ分にもポイントが貯まるクレカは、
それほど多くありません。

ですので、Suicaチャージ分もポイント付与対象としているクレカで、
Suicaチャージすることが肝要となります。

Suicaチャージ分にもポイントが付くクレジットカードといえば、
まず思い浮かぶのが、JR東日本のカード会社であるビューカード
発行するクレジットカードが上げられます。

ビュースカイカカードやビックカメラSuicaカード、
ルミネカードがビューカード発行です。

その他には、ビューカードと他のクレジットカード会社が提携して、
Suica機能を搭載しているクレジットカードもあります。

例えば、イオンSuicaカード、JALカードSuica
ANA VISA Suicaカードがあります。

また、ビューカードとと提携していなくても、
モバイルSuicaへのチャージが可能で、
チャージ分をポイント付与対象としているカードには、
Yahooジャパンカード、ファミマカード、
セゾンカードが発行するカード、UCカード
ライフカード楽天カードエポスカードなどがあります。

これらのSuicaチャージにポイントが付くクレジットカードについて、
詳しくご紹介しているのが、こちらの「Suica(スイカ)オートチャージとクレジットカード案内」です。

こちらのサイトは、
アップルペイでのモバイルSuicaの利用についてや、
Suica全般についての解説などもしています。

特に、Suicaのクレジットカードチャージをするうえで、
どのクレジットカードがどれくせいポイントが付与されるかなどを
詳しくご紹介されていますので、参考にされてみるにはオススメのサイトです。

ローソンにて楽天カード・楽天Edy決済でポイント2倍に

ローソンで買い物をしている方は、
Pontaポイントを貯めていたり、
dカードで3%割引き+ポイント2%還元ゲット、
をしている人は多いと思いますが、
楽天カードともローソンは共同でキャンペーンをやっていて、
2018年5月31日までのキャンペーン期間中、
ローソンで買い物をした時に、
楽天カード楽天Edyで支払うと、
2倍のポイントが付くそうです。

キャンペーン期間中に、
500円以上の買い物をされた方が対象とのことです。

つまり、2018年5月31日までに、
ローソンで楽天カード楽天Edyで500円以上利用すればOKということ。

2倍ということは
楽天カードは通常100円ごとに1ポイントなので、
100円ごとに2ポイントが貰えますね。

もし、Pontaポイントカードを提示すれば、
Pontaポイントも100円ごとに1ポイントが付くので
合計で100円ごとに3ポイント(3円分)のポイントを獲得できますね。

ちなみに、楽天Edyは、
通常200円ごとに1ポイントですので、
2倍キャンペーンでも200円ごとに2ポイント付与、
ということになって、
楽天カードの半分しかポイントが貯まらないということになりますので、
このキャンペーンでは楽天カードで支払うとお得ですね。

このキャンペーンは、
エントリーが必要なので、
楽天の会員ページでエントリーをするといいです。

ヤフーカードはnanacoチャージ ポイント0.5%へ

Tポイントが100円ごとに1ポイント貯まることで人気の
Yahoo JAPANカードですが、
nanacoチャージした分は200円に1ポイント、
ということになるようです。

昨年の11月には、
楽天カードモバイルSuicananacoへのチャージ分に関して、
ポイント付与をやめています。
それまでは、100円ごとに1ポイントを付けていたのです。

それに引き続き、
Yahoo JAPANカードはポイント付与半減となります。

ポイント付与をやめるよりはいいですが…。

Yahoo JAPANカードは、
モバイルSuicaについてはこれまでと同様
100円ごとに1ポイントが付くようではあります。

楽天カードもYahoo JAPANカードも、
自社サイト内での利用にポイントを多く付与するなどをしていますので、
その影響としてnanacoモバイルSuicaなどの電子マネーチャージ分については
ポイントをやめる、もしくは減らす、ということなのだと思います。

楽天カードにしろ、Yahoo JAPANカードにしろ、
電子マネーチャージへ使っていた人たちにとっては
残念なニュースが続きますね。

利用しているポイント1位はTポイント

ネットエイジアのアンケート調査によると、
リアル及びネットでの買い物の際に
利用しているポイントサービスの第一位になったのは
「Tポイント」だったそうです。

次いで
2位「楽天スーパーポイント
3位「Pontaポイント」
4位「Amzonポイント」
5位「nanacoポイント」
となったそうです。

このランキングについて
個人的な感想としては、
2位がPontaポイントではなく、
楽天スーパーポイントなのに少し驚きかも。

たぶん、ネットで貯めている人が多いのでは。
私も、楽天市場での買い物で貯めているし。
それと、ミスタードナツでも楽天ポイントカードを出して、
しっかり貯めています(^.^)

もっと驚いたのは、
Amazonポイントがなんと4位になっていることですね。

私は、ネットショッピングでAmazonもけっこう使いますが、
Amazonポイントってあまり貯まらない印象があるんですよね。

でも、今の若い世代を中心に、
ネットショッピングはAmazonとい割合が多いので、
そういうことがAmazonポイント4位という高い順位になったのでは。

あとは、「dポイント」が上位5位に入っていないのが、
ちょっと驚きと言うか、
それほどにはdポイントはまだ広がっていないのか
という印象を持ちました。
ちなみに、「dポイント」は6位です。

そして、次いで、7位は「WAONポイント」です。
8位は「WAON POINT」です。

7位、8位は、
どちらもイオンのポイントです。

私的には、順位を付けるとすれば、
1位「楽天スーパーポイント
2位「nanacoポイント」
3位「WAONポイント」「WAON POINT」
というところでしょうか。

利用するコンビニが
ローソンからセブンイレブンに変わったので
Pontaポイント」を貯める機会が格段に減りましたし、
「dポイント」もdポイントカードは持っていますが、
まだ一度も使ったことはないのですよね。

楽天カードが電子マネーチャージのポイント付与終了に

楽天カードに関して、
ポイント付与における改悪情報がありました。

楽天カードは、nanacoモバイルSuica
スマートICOCA、auウォレットに対してのクレジットチャージ分も、
100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントを付与してきました。

これが、2017年11月分までのチャージ利用をもって、
ポイント付与を終了するということです。

nanacoSuicaチャージ分にも1%の還元率でポイントが貯まる、
ということでも人気の楽天カードでしたが、
来月で終了となります。

ただ、楽天Edyについては、
継続してポイント付与対象となります。

楽天楽天市場楽天カードを使って決済すればポイント4倍とか、
ローソンで楽天カードで支払えばポイント2倍とか、
ポイント付与の強化をしている中、
電子マネーチャージ分に関しては、
自社グループの楽天Edyを除いては終了する、
という、ある種の整理をすることにしたのではないでしょうか。

おそらく、ポイント負担が大きくなり、
戦略的に付与対象を絞るということなのでは。