ポイントを貯めて節約したい

ポイントカードやクレジットカードでポイントを貯めて少しでも節約したいと思っている主婦のブログです

楽天カードが電子マネーチャージのポイント付与終了に

楽天カードに関して、
ポイント付与における改悪情報がありました。

楽天カードは、nanacoモバイルSuica
スマートICOCA、auウォレットに対してのクレジットチャージ分も、
100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントを付与してきました。

これが、2017年11月分までのチャージ利用をもって、
ポイント付与を終了するということです。

nanacoSuicaチャージ分にも1%の還元率でポイントが貯まる、
ということでも人気の楽天カードでしたが、
来月で終了となります。

ただ、楽天Edyについては、
継続してポイント付与対象となります。

楽天楽天市場楽天カードを使って決済すればポイント4倍とか、
ローソンで楽天カードで支払えばポイント2倍とか、
ポイント付与の強化をしている中、
電子マネーチャージ分に関しては、
自社グループの楽天Edyを除いては終了する、
という、ある種の整理をすることにしたのではないでしょうか。

おそらく、ポイント負担が大きくなり、
戦略的に付与対象を絞るということなのでは。

suicaチャージにポイントが付くクレカ

Suicaを使っている人でポイントを積極的に貯めたいという人は、
Suicaへのクレジットチャージでポイントが付くクレジットカードから
チャージをするのが王道です。

SuicaSuica利用でポイントが付く、
Suicaポイントクラブ」がありますので、
まずは「Suicaポイントクラブ」へ登録するのが1つめにすること。

そして、2つめは、
Suicaチャージでポイントが付くクレカを使う、
ということでSuica利用でポイントを貯めるのがオススメです。

Suicaチャージ自体は、
日本国内で発行されめクレジットカードなら、
ほぼどれでもできます。

しかし、Suicaチャージ分にもポイントが貯まるクレカは、
それほど多くありません。

ですので、Suicaチャージ分もポイント付与対象としているクレカで、
Suicaチャージすることが肝要となります。

Suicaチャージ分にもポイントが付くクレジットカードといえば、
まず思い浮かぶのが、JR東日本のカード会社であるビューカード
発行するクレジットカードが上げられます。

ビュースカイカカードやビックカメラSuicaカード、
ルミネカードがビューカード発行です。

その他には、ビューカードと他のクレジットカード会社が提携して、
Suica機能を搭載しているクレジットカードもあります。

例えば、イオンSuicaカード、JALカードSuica
ANA VISA Suicaカードがあります。

また、ビューカードとと提携していなくても、
モバイルSuicaへのチャージが可能で、
チャージ分をポイント付与対象としているカードには、
Yahooジャパンカード、ファミマカード、
セゾンカードが発行するカード、UCカード
ライフカード楽天カードエポスカードなどがあります。

これらのSuicaチャージにポイントが付くクレジットカードについて、
詳しくご紹介しているのが、こちらの「Suica(スイカ)オートチャージとクレジットカード案内」です。

こちらのサイトは、
アップルペイでのモバイルSuicaの利用についてや、
Suica全般についての解説などもしています。

特に、Suicaのクレジットカードチャージをするうえで、
どのクレジットカードがどれくせいポイントが付与されるかなどを
詳しくご紹介されていますので、参考にされてみるにはオススメのサイトです。

永久不滅ポイントを投信で増やす

前回は、楽天スーパーポイント
投資信託へ投資できるということを書きましたが、
クレディセゾンが発行するクレジットカードで貯まる
「永久不滅ポイント」は、
ポイントを投信へ投資してポイントを増やすことができるサービスがあります。

クレディセゾンは、セゾンカードや
UCカードを発行していて、
これらのクレジットカードはカード利用に応じて
有効期限のない「永久不滅ポイント」を付与しています。

その「永久不滅ポイント」を
マネックス・セゾン・バンガード投資顧問が運用する
2本の投資信託から運用先を選んで投資し、
運用成績によってポイントが増えたり減ったりする、
というサービスです。

私なんかは、ある程度ポイントが貯まると、
買い物代金に充てて使ってしまうのですが、
ポイントを運用に回して増やせるかどうか試してみるのも面白そうですね。

私は、サブカードとしてUCカードを使っているので、
貯まっている永久不滅ポイントがあるのです。

どうせサブカードであまり使わないので、
貯まったポイントもそれほど急いで使わなくていいのです。

なので、そのポイントを投資にまわしてみようかなと思ったりしています。

楽天スーパーポイントで投信

楽天スーパーポイントのポイント交換として、
楽天証券で投信を購入できるようになるそうです。

それにともなって
楽天証券は100円から投信を購入できるようにするそうなので
楽天スーパーポイントが100ポイントあれば、
100円分の投信を購入できるようになるみたいです。

ポイントで投資信託を購入できることで
今までは投資に興味をもたれなかった方も
ポイントで買えるなら買ってみようかな
と思われるかもしれません。

ちなみに、私は、
かれこれ10年前ほどから
投資信託を積立購入しています。

また、楽天カードを持っていますし
楽天で買い物もしますので
楽天スーパーポイントをけっこう貯めています。

このポイントで積立購入している投信とは別の投信を買ってみるのもいいかも、
と興味を持っています。

nanacoを使い始めました

先日、モバイルでnanacoを使い始めました。

昨年、家から50mくらいの場所へ
セブンイレブンが開店して以来、
それまで使っていたローソンから
セブンイレブンへ行く機会が断然増えてから
そのうちnanacoを使おうと思っていたのでした。

でも、楽天Edyをずうっと使っていましたし、
楽天Edyはローソンの他にもドラッグストアや
ホームセンターなどでも使っていましたから
使い慣れていた、
これ以上使う電子マネーの種類も増やしたくない
ということもあり、
ずうっとセブンイレブンでも楽天Edyで支払っていたのでした。

でも、楽天Edyだと200円に1ポイント付くのですが、
nanacoならセブンイレブンで100円ごとに1ポイント付くので、
ヤハリnanaoヘ変えた方がお得だなと思い
やっとnanacoを使い始めました。

カード型のnanacoなら発行手数料が300円かかるし、
お財布の中のカードが増えるということもあり、
スマホおサイフケータイnanacoを使うことにしました。

モバイルnanacoなら発行手数料はかかりませんし。

nanacoのアブリをダウンロードして、
あとは個人情報を登録すれば使えます。

チャージはセブンイレブンにあるセブン銀行ATMでやってみました。

レジでもチャージできます。

エネオスでTポイント

先日、お出かけ先で灯油を買う必要性にせまわれて、
そこから一番近いスタンドへ灯油を買いに行ったのでした。

そのガソリンスタンドはエネオスだったのです。

私は、普段、車を運転するので、
ガソリンを給油しますが、
私が利用するガソリンスタンドは、
地域で一番安い独立系ノンブランドのセルフスタンドか、
フルサービスなのにガソリン価格が安めの出光なんです。

なので、エネオスを使うことはほとんどありません。

で、エネオスでセルフでの灯油を給油しようとしたら、
給油機の案内の途中でTポイントカードを使えることが分かり、
給油機に持っていたTポイントカードを入れたのでした。

エネオスではじめてTポイントカードを使う機会でした。

レシートを見ると、200円で1ポイントが貯まるみたいですね。

とある集まりで会場の灯油ストーブ用の灯油だったのですが、
私のTポイントカードを使ったのでした(^^;

一応、Tポイントカードを使ったということは、
みなさんに伝えましたよ。

楽天銀行のプリペイドカード(JCB)

楽天銀行JCBブランド付きのプリペイドカードの発行を開始したようですね。

楽天銀行プリペイドカードを発行するには、
楽天銀行の口座を持っている必要があるようです。

プリペイドカードのチャージは、
楽天銀行口座からのチャージのみのようですので。

楽天銀行からのチャージ分については、
バリューというお得が付くようで、
例えば1回のチャージが5000円以上9999円までなら
25円分のパリューがつくとのこと。

楽天スーパーポイントではなく、
バリューが付くようです。

申し込めるのは16歳以上となっていますので、
高校生がクレジットカード代わりに持つのもいいのではないかと思います。

高校生はクレジットカードを申し込めないですし、
でも、ネットショッピングなどでクレジットカードで支払いたい場合に、
この楽天プリペイドカードを代わりに使えます。

ただ、楽天銀行JCBとVISAのデビットカードも発行していて、
こちらも16歳以上で楽天銀行口座を持っていれば申し込めます。

デビットカードは銀行口座から即時引き落とし、
プリペイドカードは事前にチャージして使うという違いがあるので、
どちらがいいか選択してもいいですし、
両方持つということもできます。

ちなみに、楽天銀行プリペイドカードもJCBブランドがついていますので、
海外のJCB加盟店でも使えます。